通夜・葬儀のマナーについて | 失礼のない服装と作法

 

通夜や葬儀は人生を締めくくる、とても大切な儀式です。大切だからこそ、日本古来のあらゆる「しきたり」や「マナー」があるもの。故人をお送りするのに、失礼のない服装・ご作法で臨みましょう。

  1. 1. 「通夜」「葬儀」「告別式」の違い
    1. 1-1. 自分はどれに出ればよいのか?
  2. 2. 通夜・葬儀での服装
    1. 2-1. 喪主・遺族の服装
    2. 2-2. 参列者の服装
    3. 2-3. 子どもの服装
    4. 2-4. 小物・メイクについて
  3. 3. 基本マナー
    1. 3-1. あいさつ
    2. 3-2. ご焼香の種類と作法
    3. 3-3. 故人との対面の作法
  4. 4. ご香典の基本
    1. 4-1. ご香典とは
    2. 4-2. 金額
    3. 4-3. 渡し方
    4. 4-4. ご香典袋の選び方
    5. 4-5. 包み方
    6. 4-6. 書き方(仏式)
  5. 5. 弔電について
    1. 5-1. 弔電とは
    2. 5-2. 弔電の送り方
  6. 6. 通夜・葬儀の基本的な流れ
    1. 6-1. ご臨終(ご逝去)
    2. 6-2. ご安置
    3. 6-3. 通夜・告別式の準備
    4. 6-4. 納棺
    5. 6-5. 通夜
    6. 6-6. 葬儀・告別式
    7. 6-7. 火葬
  7. 7. まとめ

1. 「通夜」「葬儀」「告別式」の違い

通夜と葬儀、告別式の違い、みなさんはご存じですか?
自分はどれに出るべきか・・・など、わかりやすく説明します。

【通夜】

日程:葬儀・告別式前夜目的:亡くなった方の家族や近親者、友人が集まり、一晩過ごす儀式。(昔は、亡くなった方の親戚や友人が線香番をし、邪霊の侵入を防ぐものでした)

【葬儀】

日程:通夜の翌日目的:参列者は家族と親族のみ。亡くなった方の冥福を祈り、送り出す儀式。

【告別式】

日程:葬儀と同日におこなうことが多い(そのあと出棺→火葬)目的:一般の弔問客が参列する。献花やお焼香をし、最後のお別れをする儀式。※地域により一般の弔問客が参列しなかったり、「家族葬」は家族のみの参列になります。

つまり、執りおこなわれる流れとしては、通夜→葬儀→告別式の順になります。近年は、葬儀と告別式を一緒におこなうことが多くなっています。
ちなみに「お葬式」とは、この3つをひとまとめにした総称です。また、近年は火葬だけをおこなう「直葬」というものもあります。

1-1. 自分はどれに出ればよいのか?
故人が・・・

親戚(おじ・おばなど三親等):通夜・葬儀(告別式)両方
友人・知人:通夜か葬儀(告別式)のどちらかでよい
職場の上司・同僚:通夜のみが一般的

2. 通夜・葬儀での服装

通夜と葬儀で着用する服装には、「正・準・略」と種類があります。

【正喪服】

喪主や故人と近い親族が着る、格式がもっとも高いもの。葬儀や一周忌までの法要などで着用します。

【準喪服】

喪主や親族、一般の参列者などが着る、正喪服に準じた服装。お通夜や告別式、一周忌までの法要など、多くの場面で通用します。

【略喪服】

一般の参列者が、突然の弔問やお通夜、三回忌以降の法要で着る服装。黒や紺、グレーで、小さな柄であればストライプや水玉、チェックでも問題ありません。
突然の不幸・通夜の場合、喪服を着用せず、地味めの普段着(略喪服)で訪問します。 しかし近年は、突然でなければ喪服を着用する場合が多いです。

2-1. 喪主・遺族の服装
【男性】

喪主・遺族は主催者側なので、葬儀は正式喪服を着用します。喪主が女性の場合、和装の正喪服が一般的です。通夜は略式喪服でもよいです。また、身内だけの通夜は、服装に規定はありません。

◇和装
黒無地の五つ紋つき着物と羽織袴。
羽織ひもは黒か白、平打ちか丸組み。袴は仙台平か博多平。長襦袢・半えりは白か黒、グレーの羽二重。帯は博多織の角帯です。

◇洋装
ブラックスーツに、黒無地のネクタイ。
ネクタイピンはつけません。通夜はブラックスーツ、葬儀ではモーニングコートが正礼装です。しかし、葬儀でもブラックスーツが一般的になってきています。

【女性】

◇和装
黒無地の五つ紋の着物、黒帯です。
生地は、関東が羽ぶたえ、関西は一越ちりめんが多いです。
※地域によって実家の家紋の着物を着る場合もあります。長襦袢・半えりは白、帯は黒の名古屋帯か、ふくろ帯。帯じめは黒の丸くげか平打ち。帯どめはいりません。

◇洋装
黒・無地のワンピースやアフタヌーンドレス、スーツなど。
夏でも基本的に長そで、襟がつまったものが基本です。

2-2. 参列者の服装
【男性】

◇和装
無地か細いシマの着物に黒羽二重五つ紋付き羽織。
羽織ひもはグレーか黒。袴は仙台平。長襦袢・半えりは白かグレー。帯は地味な角帯です。

◇洋装
黒のフォーマルスーツかダークスーツに、黒ネクタイ。

【女性】

◇和装
無地の一つ紋か三つ紋付きの長着。帯は黒。
長襦袢と半えりは白、帯じめは黒の平打ちひも。正喪服同様に、帯どめはいりません。

◇洋装
黒のフォーマルスーツか、落ちついた色のスーツやワンピース。

2-3. 子どもの服装
【男子】

黒、紺系のジャケット・ブレザーに白いシャツ。黒系のズボンに黒のネクタイ。

【女性】

黒、紺系のブレザーに白いブラウス・黒系のスカート。もしくは黒のワンピース。

2-4. 小物・メイクについて
【バッグ】
光沢・装飾のない布製の黒。動物の革・毛皮はNGです。ショルダーは好ましくありませんが、やむを得ない場合、手で持ちましょう。
【くつ】
<男性>

◇和装時
草履は畳表つきで布製の黒。鼻緒は黒、足袋は白です。

◇洋装時
光沢のない黒の革靴。
種類は、プレーントゥ(つま先にラインがない)、ストレートチップ(つま先に横一文字のラインがある)などを選んでください。ハイカット・スニーカーはNGです。

<女性>

◇和装時
足袋は白、草履は光沢のない黒です。

◇洋装時
装飾・金具のない黒のパンプス。ヒールもローヒール。やむを得ない場合、金具が黒で目立たないもの。
サンダル・ミュールやつま先・かかとの開いたくつは避けてください。 ストッキングは肌色か黒。網タイツなどはいけません。

<男子・女子>

くつは光沢のない黒。くつ下は白か黒です。学校指定のローファーなどがあれば、それでよいでしょう。

【アクセサリー類】

ネックレス・イヤリングだけにしましょう。ネックレスは1連。パールや黒真珠、オニキスや黒曜石、黒壇など、ひかえめのものが好ましいです。

【髪型・メイク】

髪型は小さくまとめ、装飾品は避けましょう。メイクはベージュ系など、落ちついた色が好ましいです。口紅も薄い色かリップクリーム程度にします。
また、ネイルは透明・ベージュ程度ならよいですが、ほかの色は落としましょう。落とす時間がなければ、黒の手袋をつけたり、ベージュのネイルチップをつけてください。

3. 基本マナー

3-1. あいさつ
通夜・葬儀では、つぎのような言葉がタブーとされています。
ポイント1:忌み言葉を使用しない。
「死亡」→「逝去」、「生存中」→「ご生前」、「急死」→「突然のこと」 というように、以上の単語は言い換えるようにしましょう。

ポイント2:重ね言葉を使用しない。
「たびたび」「重ねがさね」「再三」など、くり返す言葉は使用してはなりません。

【遺族側】

遺族はあいさつで「故人への想い」「参列者への感謝」を伝える必要があります。しかし、家族や親戚が亡くなったばかりですから、簡潔なものでもよいでしょう。

ポイント1:メモを見てもよい。
暗記する必要はありません。大切なのは、忌み言葉など使わず感謝を伝えることです。

ポイント2:型(例文)どおりでよい。
あいさつは3分程度がよいとされます。本などの例文どおりでも問題ありません。

【参列者側】

<受付>
軽く黙礼するだけで問題ありません。

<開式前>
「お手伝いできることがあれば声をかけてください」など、遺族の方々を気づかうような言葉をかけてさしあげましょう。

<故人との対面時>
「安らかなお顔ですね」というような言葉をかけましょう。声かけをしたあとは、「ありがとうございました」と伝えます。

3-2. ご焼香の種類と作法
【立礼焼香】

    1. 起立し、焼香台の少し手前でご遺族に一礼→僧侶に一礼。
    2. 焼香台まで進み、遺影に一礼して合掌。
    3. 左手にお数珠をかけ、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香をつまむ。
    4. 額の高さまで持ち上げ、しずかに香炉へ移します。
    5. ※宗派で異なりますが、この動作は1~3回おこなうのが一般的です。
      喪主さまなどの動作を見て同じようにするのがよいでしょう。

    6. 遺影に合掌して一礼、そのまま向きを変えず少し下がり、ご遺族に一礼。
    7. 静かに着席して終了。
【座礼焼香】

基本は立礼焼香と変わりません。畳の上に座る葬儀の場合、おこなわれることがあります。
移動は「膝行」(しっこう)、膝退(しったい)という方法を用います。座ったまま上半身をかがめて、ひざを交互に動かして進むというものです。基本的に、終始立ち上がりません。

【まわし焼香】

こちらも、基本は立礼焼香と同様です。抹香・香炉がお盆にのってまわってきます。
自分のところにまわってきたら、つぎの番の人に一礼し、焼香。終わったら遺影に合掌し、つぎの人にまわします。

3-3. 故人との対面の作法
    1. 故人から一歩下がった場所で、一礼。
    2. 故人に近寄っていき、合掌。
    3. ご遺族が故人のお顔の布を開けるので、お顔を拝見する。
    4. 合掌し、冥福をお祈りします。
    5. 故人から一歩下がり、ご遺族に一礼して退席。

4. ご香典の基本

4-1. ご香典とは

亡くなった人の霊前にお供えする金銭・品物のことです。不祝儀用の水引が結ばれた袋に現金を入れてお渡しします。このご香典は、通夜か葬儀どちらかに持参するのが一般的ですが、通夜の際がもっとも好ましいとされます。また、お札は新札だと「用意していた」と連想させるため、失礼にあたります。新札であれば折り目をつけておきましょう。

4-2. 金額
【年代別・金額の目安】
    1. <20代>
    2. 親族:2万2千円、親戚:9千円、友人・知人:8千円、仕事関係:6千円
    3. <30代>
    4. 親族:3万8千円、親戚:1万千円、友人・知人:5千円、仕事関係:5千円
    5. <40代>
    6. 親族:5万7千円、親戚:1万9千円、友人・知人:6千円、仕事関係:6千円
    7. <50代>
    8. 親族:7万5千円、親戚:2万千円、友人・知人:7千円、仕事関係:8千円
    9. <60代>
    10. 親族:6万円、親戚:2万4千円、友人・知人:8千円、仕事関係:9千円
    11. <70代以上>
    12. 親族:4万8千円、親戚:2万7千円、友人・知人:8千円、仕事関係:1万円
【会社関係・取引先のとき】

◇取引先の重役・役員クラスの葬儀
会社によっては、ご香典を会社名で出すこともあります。社内で相談しましょう。1万円以上が一般的です。香典を贈らず、弔電やお花にするところもあるようです。

◇先方の担当者などの葬儀
上記と同様、上司と相談をしましょう。3千円以上が一般的です。香典を贈らず、弔電やお花にする場合もあります。

◇社葬の場合
ふだんのつきあいの度合いで変わりますが、1~3万円が一般的です。親しい会社であれば、社長名で3~10万円程度包む場合があります。

通常、お花を香典とはべつで贈る場合が多く、香典+供花で3~5万円程度です。

【その他】

◇故人が自分の親
亡くなったのが自分の親であっても、喪主以外の子は香典を出します。

◇故人が祖父母
一般的に、親から扶養されている孫は、親が出すケースが多いです。孫が社会人であれば、香典を出したほうがよいでしょう。同世代の孫で「孫一同」とすることもあります。既婚の孫であれば、単独で出すとよいです。

◇通夜・葬儀に夫婦で参列するとき
通夜・葬儀において夫婦は「ひと家族」と考えるので、金額は1人分でよいでしょう。ただ、故人と親しかったときや、葬儀後の会食に出席するのであれば、相応の額を出しましょう。

4-3. 渡し方
通夜もしくは告別式に持参し、受付で手渡します。その際、「このたびはご愁傷さまです」などお悔やみの言葉をかけます。「ふくさ」から不祝儀袋を出し、ふくさの上に乗せて渡すのがマナーです。
※通夜・告別式に参加できない場合。不祝儀袋にご香典を入れ、お悔やみの手紙と一緒に「現金書留」で郵送しましょう。
4-4. ご香典袋の選び方
【ご香典袋の種類】

<御霊前>
一般的なご香典です。どの宗教でも使用できます。水引は絵です。

<御佛前>
四十九日以降の法事に使用します。浄土真宗では葬儀でも使用できます。

<お花料>
キリスト教式葬儀で使用します。水引はあってもなくてもよいです。色も決まりはありません。

<水引がついたもの>
3万円以上を包む際、水引がついたものを使用します。

【宗教別のご香典】

<仏式>
御霊前、御香典、御香料、御供
水引は一般的に白と黒。白と銀や白と黄色も用いられます。蓮の花が描かれたものは仏式専用です。

<神式>
御神前、玉串料、御神饌料、御榊料
水引は銀もしくは白と黒です。

<キリスト教・カトリック>
御ミサ料(御弥撒料)

<キリスト教・プロテスタント>
御花料、弔慰料

4-5. 包み方
ご香典は「ふくさ」に包むのが一般的ですが、白いハンカチやふろしきでも問題ありません。
【ふくさの包み方】
    1. つめが左側になるようにふくさを開き、不祝儀袋を中央に正面タテ向きで置きます。
    2. ふくさの右を折ります。
    3. 下を折ります。
    4. 上を折ります。
    5. 左を折って、つめをさして止めます。
【金封ふくさの包み方】

金封ふくさは封筒のようになっており、たたむ必要がないタイプです。弔事のふくさは左開きになっています。

4-6. 書き方(仏式)
基本的にご香典袋は毛筆・楷書で記入します。薄墨で描くのが正式ですが、筆ペンでも問題ありません。

<表書き>
「御霊前」「御香典」「御仏前」などの表書きは水引の上中央に書きます。

<氏名>
フルネームで、表書きよりも少し小さい字で記入します。肩書は氏名の右肩に小さく入れます。
※連名の書き方
一般的に3名程度。右から左へ目上の高いほうから記入します。4名以上であれば、中央に代表者の名前を書き、「外一同」と書きます。全員の名前を別で添えるのもよいでしょう。

<中袋(中包み)>
表:中央に旧字の漢数字で金額を記入します。
裏:左下部分、ハガキのように住所・氏名を記入します。
※紙幣は、中袋の表に裏面が向くように収納します。

5. 弔電について

5-1. 弔電とは

どうしても予定が合わず、通夜・告別式に参列できない場合に、喪主・親戚へ弔意を示す電報のことです。そのため、遅くとも告別式に間に合うよう手配しましょう。

5-2. 弔電の送り方
<電話の場合>

NTTの115番にダイヤルします。受付時間は午前8時~午後10時です。文字数、台紙の種類で値段は変わりますが、およそ千円~3千円程度です。

    1. 文章を事前に考えておきます。NTTの文例一部を替えて利用もできます。
    2. 弔電の送り先の名前・住所を調べます。会場が斎場・式場なら、そちら宛てに送ります。
    3. 「115」にダイヤルします。
    4. オペレーターに自分の名前・電話番号、送り先の名前・住所を伝えます。
    5. 台紙を選択します。
    6. 電報の文章を告げます。NTTの文例の場合、その番号を伝えます。
    7. 送り主の名前を入れるのであれば、名前(会社名・役職)も伝えます。
    8. オペレーターが復唱し、文字数と料金を案内するので、確認します。
<インターネットの場合>

最近はNTTのサイトなどから、24時間いつでも弔電を送れるようになりました。電話で口頭で伝えるより、ミスがないという利点があります。

<レタックスを使用する場合>

レタックスは郵便局が運営しているサービスです。ここでは、手描きの電報を送ることができます。文書をFAXで送信すると、速達郵便で送ってくれます。料金も580~900円程度です。

このほかにも、KDDI「でんぽっぽ」やe-denpoといったサービスもあるので、探してみてもよいでしょう。

6. 通夜・葬儀の基本的な流れ

6-1. ご臨終(ご逝去)
    • 葬儀社に連絡、遺体運搬
    • 病院所属の葬儀社でなくても問題ありません。

    • 医師から「死亡診断書」受け取り
    • 事故死・突然死の場合、警察に連絡してから監察医が検案し、「死亡診断書」に代わって「死体検案書」を発行します。

    • 「死亡届」を役所に提出、「火葬(埋葬)許可証」交付を依頼。
    • 葬儀社によっては、役所手続きの代行をおこなうところもあります。

6-2. ご安置
    • ご自宅もしくは葬儀会社にてご遺体を安置します。ご焼香準備もおこないます。
    • ご遺体を安置し、枕元に枕飾りを施します。
6-3. 通夜・告別式の準備
    • 葬儀社と打ち合わせし、「日時」「会場」や、「祭壇」「返礼品」などを決定します。
    • 火葬場を予約し、親戚や友人などに不幸があったことを連絡します。
6-4. 納棺
    • 故人の気に入っていた服を着せることもできます。
    • 愛用品を一緒に棺へ納めることもできます。
6-5. 通夜
    • 葬儀社とスケジュールを確認。
    • 式開始の1時間~30分前から受付開始。
    • 一同は着席
    • 僧侶の入場
    • 焼香
    • 僧侶の退場
    • 遺族・親族は通夜ぶるまいの席へ(通夜ぶるまいを僧侶が辞退した場合、一般的に「御膳料」5千円~1万円包みます。)
6-6. 葬儀・告別式
    • 仏式であれば僧侶が読経→ご遺族、ご親族、参列者の順で焼香をおこないます。
    • 葬儀・告別式は参列者の人数によるものの、およそ1~1時間半程度です。
    • 葬儀終了後、霊柩車に棺を運んで出棺。火葬場へ移動します。
6-7. 火葬
    • 火葬の時間はおよそ1~2時間程度です。
    • 火葬場には僧侶の方も同席いただき、読経していただく場合もあります。
    • 火葬が済んだら、骨壷にご遺骨を収めます。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。地域や宗教によって違いはあるかもしれませんが、以上が一般的なマナーになります。通夜や葬儀・告別式には、いつ参列する機会があるかわかりません。急な連絡があってもしっかり対応できるようにしたいものです。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。