1回するのが正しいのか、3回するのが正しいのか:焼香のマナー

 
突然の訃報にしまい込んでいた喪服を取り出し、葬儀へ駆けつける。そんな経験は、誰もが一度ならずしていると思います。服装や香典の額など、葬儀には頭を悩ませるようなマナーが沢山あります。焼香も、その一つです。前の人のした仕草をなんとなく真似る、そうなりがちの焼香のマナーについて考えてみたいと思います。

1. 焼香の意味

焼香というのは、仏教において香を焚くことを言います。死者や仏に対して香を焚いて拝むこと、葬儀の場合には亡くなられた故人に対して香を焚くことを指しています。

なぜ仏教では、香を焚くのでしょうか。そこには身を清めるという意味と、故人を供養するという二つの意味があるようです。人は死んで、中陰(49日)の間は目には見えない形となり、この世をさまよっており、その間は香りだけを食する。

だから故人のために、香を絶やさないようにする。そういう由来があるようです。

2. 焼香の種類

焼香と言われてまず思い浮かべるのは立礼焼香だと思いますが、それ以外にも、座礼焼香、回し焼香の3種類の焼香があります。文字通り立って行うのが立礼焼香です。

今はセレモニーホールなどでの葬儀が増えてきて、自宅で葬儀を行うことが少ないので、立礼焼香での焼香がほとんどだと思います。

ちなみに座って行うのが座礼焼香、座って、隣の人から香炉が回ってくるので、手元で焼香を行い、次の隣に人に香炉を回すのが回し焼香です。

3. 立礼焼香の仕方

最も行う頻度が高いであろう立礼焼香について、そのやり方をざっくりと説明したいと思います。

    1. 自分の番が来たら周りに礼をして、焼香台に向かいます。焼香台の少し手前で遺族と僧侶に礼をします。
    2. 焼香台の前に進んで遺影に一礼、合掌をします。
    3. 焼香をします。数珠は左手に持ち、右手の親指、中指、人差し指で抹香を摘まみます。摘まんだ抹香を目の高さまで持っていきます。抹香を目の高さまで持っていくことをおしいただくと言いますが、おしいただいた抹香を香炉の中に静かに落とします。これを1-3回行いますが、宗派によって回数が違います。ちなみに浄土真宗は抹香をおしいただかず、摘まんだ抹香をそのまま香炉に落とします。
    4. 焼香が済んだら、再び遺影に一礼、合掌します。向きを変えずにそのまま下がり、遺族に一礼してから戻ります。

4. 焼香の回数

前述したとおり、宗派によって焼香の回数は違います。

    • 真言宗は焼香3回線香3本、曹洞宗は焼香2回線香1本。線香はどちらも火をつけて立てる。
    • 浄土真宗大谷派は焼香2回で浄土真宗本願寺派は焼香1回、どちらも香をおしいただかない。線香は1本、どちらも2つに折るけれど、大谷派は火をつけない。
    • 日蓮宗と浄土宗は焼香3回線香1本で、線香は火をつけて立てる。

葬儀が寺などで行われて宗派がはっきりしているなら別ですが、基本的には自分の宗派のやり方で問題はないと思います。

マナー上は、焼香は自分の宗派のやり方でやるもののようです。3回行うのには三業(身・口・意)を清める、三法(仏・法・僧)に捧げる、三毒(貪り・怒り・迷い)をなくす、といった仏教的な意味があります。

けれど会葬者が多い時には、後ろも詰まっているので1回でも良いのではないかと思います。

5. まとめ

色々と書いてきましたが、焼香とは故人を偲び、その冥福を祈るために行うものです。マナーも大切なことですが、故人への思い、手向けが一番大切だろうと考えます。礼儀に失しないようにしようと思うがあまり、隣の人の行動ばかりが気にかかる。そんな事態を避けるための一助となれば、幸いに思います。