ウォーキング

一般社団法人東京都ウォーキング協会主催のウォーキング等にご参加いただけます。 首都圏で月間5~6回実施しています。


今すぐ歩きたくなるウォーキングの効果

ウォーキングは、費用をかけずにいつでもどこでもできる最も効果的な健康違法です。

動物としての人間の動作のうち、もっとも特徴的な動きは「歩く」ことです。そして、ウォーキングは私たちの体にも心にもよい刺激を与えてくれる運動です。

ウォーキングならすぐ取り組めそうだけど、ちょっとやそっと歩いただけじゃ、体重を減らしたり、体型をキープしたりできるほどの効果はないんじゃないかと思っている方も多いのですが、ウォーキングの効果を知ると歩きだしたくなります。


ウォーキングの驚くべき効果

●リラックス効果
ストレス解消のために嗜好品を摂り過ぎているなら、リラックスするための方法として、ウォーキングをやってみてください。ストレスになる考えやネガティブ思考から解放され、日常のイライラを忘れさせてくれるのです。

●外見と内面の若さを保つ
歩くことが生活の質の向上や寿命に影響を与えるということは、これまですでにたくさん研究されてきました。ウォーキングで3年から7年寿命を延ばすことができるとか、うつ病を改善するとか、認知症の発症を遅らせることができる等、様々な健康効果が期待できます。
つまり、ウォーキングで肉体の若さを保つことで、精神的にも健康でいられる。精神的に前向きでいることが、身体の健康維持につながるというわけです。

●ストレス解消になる
私たちの体は、主に低血糖とストレスに反応してコルチゾールというストレスホルモンを分泌します。コルチゾールの分泌量が増えると、肥満や肌の老化の原因となり、ひどい場合には動脈硬化や糖尿病をもたらすのです。

現代社会は、コルチゾールの分泌を促す環境にあり、健康被害の大きな要因となっています。コルチゾールの分泌を抑えるためには運動の習慣化と食事に気を付けることが大切なのです。

日常生活の中で誰でも簡単に取り入れられて、最も効果的な運動がウォーキングなのです。ウォーキングは、ハードなランニングや筋力トレーニングなどとは異なり、コルチゾール値を低く保ちます。

心と身体はつながっています。行き詰まったらウォーキングでリラックスして、トレーニングや食事改善の効果アップにつなげるようにしましょう。

●幸せな気持ちになる
ウォーキングを行うと、脳内にエンドルフィンが分泌されるのです。エンドルフィンは、気持ちを前向きにし、幸せを感じさせる効果がある物質です。ランニングや筋トレなどの運動でも分泌されます。

●いつでもどこでも気軽に取り組める
ウォーキングはジムに行ったり、特別に時間を設けなくても、通勤・通学等の日常生活の中で取り入れることができます。大股で歩きたり、速足で歩くなどちょっと工夫をするとより効果的な運動になります。

●代謝がアップするのでダイエットに効果的
個人差はありますが、一時間程度のウォーキングで約200から400kcal消費できます。運動一般に言えることですが、代謝を上げることで、食事管理によるダイエット効果を後押しするのです。

健康づくりは継続性が大事です。生活習慣の中にウォーキングを取り入れることは、将来に向かっての健康貯金になります。歩く楽しさを実感するために、ウォーキングイベントに参加した入り、知らない土地を歩いてみるのも一つの手です。是非、歩くことを続けて、健康づくりに励んでください。