資産運用サポート
安全な資産運用

 

資産運用とは持っている資産(現金、不動産、株、債券など)を管理・運用して、リターン・資産を増やすことです。資産運用のプロがお手伝いいたします。
 
定期預金や保険なども資産運用といえます。定期預金は少ないながらも、預金をすることで金利を受け取ることができるので、資産運用の一つなのです。また、資産運用には大きさは異なるものの、リスクが付き物です。定期預金に関しても、万が一銀行が潰れてしまった場合、預金金額によっては満額が返ってこない可能性(リスク)もあるのです。
 
ただ、現在の銀行金利と社会情勢を考えると価値的に資産が目減りしていくことは明らかであり、財産を守るためには効率的な資産運用は必須です。

 
●確定拠出年金

確定拠出年金は、公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつで、老後の資産形成の一助となる制度です。確定拠出年金には、企業が運営主体となる「企業型」と、国民年金基金連合会が運営する「個人型」の2種類があります。また、比較的安全で資産運用に適しています。

 

保険を活用した資産運用

 

保険を使った資産運用は銀行預金のように貯蓄ができますし、万が一の時には保証を受けることができます。しかも銀行預金よりも格段に高い利回りが期待できるというメリットがあります。
資産運用を保険で行なう人は増えており、資産運用にぴったりな保険商品は数多く販売されています。

「障害年金」について
年金といえば一番最初に思い浮かぶのは原則65歳から受給できる「老齢年金」と、 被保険者が亡くなった際に遺族(配偶者または子供)に支払われる「遺族年金」が一般的に知られていますが、 20歳以上の方も受け取れる年金があります。それが「障害年金」です。
 
障害年金とは、病気やケガで生活や仕事などが制限される場合、受け取ることができる国の公的な年金です。
 
ただ残念なことに、障害年金の制度自体があまり知られていません。 また、障害年金制度を知っていても、年金制度のわかりずらさや書類を揃えられないなど、 さまざまなハードルがあり受給を断念する方もいらっしゃいます。そこで、LCSでは専門家チームを揃えて丁寧にサポートさせていただきます。