葬儀
葬儀の意義とは

ご存知ですか、通夜や葬儀、告別式にはそれぞれに意味があります。それを理解することによって、亡くなった方にとって意味のある葬儀を行うことができるのです。

通夜

通夜とは、遺族や親類、そして縁者が集まって、故人との最後の夜を過ごすことをいいます。そして、葬儀は遺族と近親者が故人を成仏させるために行う儀式です。告別式は、もともと葬儀の後、遺骨を墓地に埋葬する直前に故人の友人や知人が最後の別れをする儀式のことを言いましたが、今ではそこまで一緒に行くことがなくなってきたため、葬儀と一緒に行われることが多くなっています。
近年、葬儀不要論が盛んに言われるようになりましたが、人間は社会的なつながりの中で生きている以上、故人をしのぶことの大切さを子や孫に伝えていくためにも必要な儀式なのです。

葬儀の種類

葬儀には一般葬、社葬・合同葬、家族葬、密葬、直葬などがありますが、最近は核家族化や費用面から、家族葬が多くなってきています。
また、最近の傾向としてオリジナル葬儀・プロデュース葬儀といった独自の葬儀も多く行われるようになりました。これらは無宗教葬・自由葬とも呼ばれ、従来の宗教色を払拭して、故人の死を悼むご遺族や近親者、ご友人等の気持ちを最大限に表現した葬儀です。
当社ではご遺族のご要望を最大限反映したご満足いただける葬儀をご用意いたします。

葬儀の流れ

葬儀の場合事前の準備が大切になります。人は突然亡くなることが多く、葬儀で慌てないためにも事前に準備しておくことで、後悔しない葬儀を執り行うことができます。
事前にご相談いただくことで、葬儀費用の概算を知ることができたり、葬儀が発生した時の心の負担が軽減されます。