警察葬儀の流れ

警察にご遺体がある場合

[gap height=”30px”]
多くの人は病院や老人ホーム等の施設で最期のときを迎えるのですが、そうでないケースも多々あります。
[gap height=”30px”]

事故死、自死、犯罪死等のような突然死の場合には警察が介入して検視が行われます。

「突然警察から電話が・・・・!?」

ある日、突然警察から電話が入り、ご家族が事故等で亡くなられたので、ご本人確認のために警察または病院に来てほしいと告げられた場合、ご家族の混乱は想像に難くないと思います。

弊社では、事件・事故・突然死・自死等で 警察からの対応に、ご家族サイドに立ったサポートを行っています。

[gap height=”30px”]

●検視とは

医師の立会いのうえ、遺体を警察の検察官やその代理人が検査をして、犯罪性があるかどうかを確認する手続きです。検視が終わるまでは、ご遺体を動かすことはできません。
[gap height=”30px”]

●検視が必要な場合とは

・病死、あるいは自然死であっても生前にかかりつけ医がいない場合
・病死あるいは自然死であるかどうか不明な場合
・指定された感染症による死、中毒死などの場合
・溺死、事故死、災害死、自殺などの場合
・殺人、過失致死などの犯罪死、あるいはその危惧がある場合
[gap height=”30px”]

●検視にかかる時間

検視には通常であれば約1~2時間程度かかります。当日夜遅かったり、検視の件数が多い場合には翌日になることもあります。また、ご家族に連絡が取れなかった場合には済んでいる場合もあります。
※検視の結果、解剖の必要があると判断された場合には、司法解剖・行政解剖などさらにお時間がかかります。
[gap height=”30px”]

●警察から連絡が入った時点で葬儀社に連絡する

警察からの連絡があった時点で、すぐに弊社にご連絡ください。今後の流れとアドバイスをお伝えします。
[gap height=”30px”]

●突然死の場合、何も準備をしていないのが通常

弊社では、ご家族のペースに合わせて1つ1つ打ち合わせを行って参ります。
経験豊かなスタッフが丁寧にカウンセリング&ケアのご対応にて、安心してご相談いただけます。安心してお任せください。

[gap height=”30px”]

葬儀の流れ

[gap height=”30px”]

警察で亡くなった場合

[gap height=”50px”]

[gap height=”30px”]
病院や老人ホーム等の施設以外で亡くなられた場合、必ず警察が介入して検視が行われます。検視は、検察官やその代理人が、医師立ち合いのもとご遺体を検査して、身元や犯罪性の有無などを確認する手続きです。
[gap height=”50px”]

[gap height=”30px”]
警察がご遺体を確認し「死因に犯罪性がないことが明らか」と判断すれば、死因や身元、体の特徴などを記録する死体見分が行われます。ですが、犯罪性があるかどうかはっきりしない場合、ご遺体は検察官に渡り検視が行われます。
[gap height=”50px”]

[gap height=”150px”]